スライドレール用語集

スライドレールの構成部品


アウターメンバー

スライドレールの主断面において一番外側に位置するC字型のメンバー。通常はキャビネット側に固定し取り付けられる為、キャビネットメンバー(固定側メンバー)とも呼ばれる。対して引出側のメンバーをドロワーメンバーと呼ぶ。

インナーメンバー

スライドレールの主断面において、一番内側に位置するメンバー。通常は引出側(移動側)に取り付けられるためドロワーメンバーとも呼ばれる。

中間メンバー

3メンバースライド(ダブルスライド含む)の主断面において、アウターメンバー(キャビネットメンバー)、インナーメンバー(ドロワーメンバー)の中間に位置するメンバー。インター、センターメンバーとも呼ばれる。

アクセスホール

スライドレールをネジ止めする際に使用するネジ、工具を通す穴。

L金具(脱着タイプ)

スライドレールから取り外しする為の脱着機能を備えたL字型金具。通常は引出側に取り付けられ、脱着レバーまたはクリップの操作により、スライドレールを取外す事ができる。

キャッチ(機構)

スライドレールを全閉させたときの保持機能パーツ。樹脂タイプと金属製ばねタイプがある。

フリッパーロック

引出時に中間メンバーが引き出された状態を保持しておくためのロック部品。なお収納時にはインナーメンバーが中間メンバー内に収まった時にロックが解除される。

リードインスティック

インナーメンバーが引抜きできるタイプのスライドレールで、ドロワーメンバー(移動側メンバー)を再挿入する際にガイドとなる樹脂パーツ。

 

スライドレールの名称


シングルスライド

アウターメンバー・インナーメンバーから構成されるスライドレール。2メンバースライドとも呼ばれる。

シングルs

ダブルスライド

シングルスライドを2つ重ね固定したスライドレール。3メンバースライドの1種である。

3(スリー)メンバースライド

アウターメンバー・インナーメンバー及び、中間メンバーから構成されるスライドレール。
3メンバーs

両側トラベル

前後両方向へ移動ができるレール。2Wayトラベルとも呼ばれる。
両トラs

消音タイプ

スライドレールを全開、全閉させた時に金属同士の接触音を軽減させる為、樹脂やフェルトなどの消音パーツを組み込ませたレール。

リニアモーションタイプ

インナーメンバーが常にアウターメンバーの中で移動するタイプ。
リニアs

 

スライドレールの機構、規格など


シーケンシャル機構

序列機構とも言う。3メンバースライド(ダブルスライド含む)で全開時には、中間メンバー→ドロワーメンバー、全閉時にはドロワーメンバー→中間メンバーの順に開閉する機構。(シーケンシャル機構でレールを動かすことによりレールの寿命は長くなる。)

ボールロック機構

引出・収納時における簡易保持機構。アウターメンバーのボール転動面に突起を出し、ボールが同突起部を乗り越え、簡易的なロック機能を形成する。

定格荷重

インナーメンバー及び取付幅(通常は400mm)の中央に荷重をのせ、10,000回(往復)の作動を行ったときに耐えうる荷重。(定格荷重の定義は、メーカーによって異なる場合がございます。ご注意ください。)

ブレーキストップ

スライドレールが摩擦抵抗によりストップすること。フリストレクションストップとも言う。(更に強く引く(押す)事により、引きぬける。)

ボールクリープ

オールのずれの事を言う。スライドレールはリテーナーによりボールが保持されており、通常はインナーメンバーが 2 移動すると、ボール(リテーナー)は 1 移動する。(つまり2:1の関係がある。)この規則性が崩れ、リテーナーが本来の位置に無い事を指す。

トラベル(T)

スライドレールを最大に伸ばしたときの移動距離のことで、ストロークまたはスライド量とも呼ばれる。スライドレールの長さ(L)を基準とした場合。イコールトラベル(T≒L)、オーバートラベル(T>L)、アンダートラベル(T<L)の3通りがある。