製品ができるまで(スライドレール)

スライドレールの構造と部品

代表的なシングルスライドレールを例に主な製造工程をまとめました。
部品の製造、組立を経て、製品になるまでの流れをご覧いただければと思います。
※特殊なレールやご要求によっては、製造方法が異なる場合があります。
シングルスライドレールで使われている部品は以下の4種類です。
① アウターメンバー(キャビネットメンバー)
筐体などの固定された面に取り付けるレール部品です。一般的に、棚(キャビネット)に取り付けることから、キャビネットメンバーとも言われてます。

② インナーメンバー(ドロワーメンバー)
引き出しなど摺動させたい箱、物体などに取り付けるレール部品です。一般的に引出し(ドロワー)に取り付けることから、ドロワーメンバーとも言われてます。

③ ボールリテーナー
個々のボールを正しい位置に保持(リテイン)するためのレール部品です。ボールという言葉が付かず、単にリテーナーと呼ばれることもあります。

④ ボール
通常ボールリテーナーに組み込まれております。アウターメンバーとインナーメンバーに点で接触する為、摩擦抵抗が少なくなります。また、レール(インナーメンバー)を動かすと、ボール自体が転がるため、レールは軽い力でもスムーズに動きます。

シングルスライドレールの構造

single_slide

スライドレール部品製造の流れ

株式会社スカイでは、上記4種類の部品のうち、①~③の部品を自社で製造しております。
※そのため標準規格品はもちろん、御社の必要とするカスタム品(長さ・トラベル・孔位置・孔サイズ等の変更や特殊機構部品の追加など)の対応も可能です。

それぞれの部品の大まかな製造工程は以下の通りです。

① アウターメンバー / ② インナーメンバー

成形加工
応用加工
メッキ加工
組立工程へ

③ ボールリテーナー

順送プレス加工
組立工程へ

加工方法について

成形加工
①アウターメンバー/②インナーメンバーの成形加工は、機械プレスによるプレス成形とロールフォーミングマシーンによるロール成形で加工してます。
プレス成形の場合、先ず初めに材料の切断から始まります。
加工の時点で、製品の長さが決まってしまいますので、特に特注製品をご検討されている場合はご注意ください。

プレス成形

a.材料(コイル)切断

a1材料切断 slide_setsudan
材料を決められた長さに切断します。
b.プレス成形

a2プレス成形
切断された材料をプレス機械で成形(レール部品の形に加工)します。

ロール成形

b12ロール成形
slide_rollforming
一連のロールフォーミング成形用金型(駒)の間を材料が通っていきます。材料はこの駒と駒の間を通り、少しずつ変形してゆき、アウターメンバーやインナーメンバーの形状に加工(成形加工)されます。成形加工された製品は、この後決められた長さに切断されます。
順送プレス加工
d1自動成形
movie_photo slide_retainer 順送金型により、ボールリテーナーを加工します。特殊な用途を除いて順送プレス加工のみでボールリテーナー部品が完成します。
 
応用加工
c3応用加工
slide_anakakou slide_tapbarring slide_spotwelding slide_stopper
取り付け孔あけ加工やストッパー加工など、成形後の後加工を行います。
メッキ加工
① アウターメンバー / ② インナーメンバー用の加工終了後部品は、電気亜鉛メッキを行います。(ステンレスレールを除く)
c4メッキ
特にご指定を頂かなくても通常は、RoHS対応です。
なお、スカイインドネシアでは、メッキも社内工場で実施してます。 slide_plating
 

スライドレールの組立工程

組立工程