スライドレールとは

スライドレールとは?

スライドレールとは、机の引き出しの横等に取り付けられている直動機構の機械部品です。このスライドレールを取り付けることにより、重い引き出しや箱を軽い力でしかもスムーズに動かすことが可能となります。
では、なぜ軽い力でしかもスムーズに動かせるのでしょうか?
その秘密は、スライドレールの構造にあります。

左図は、一般的なスライドレールの基本構成図(シングルスライドレール)です。
この様に、スライドレールは、レール内部に複数のボールが使用されております。
この為、
① 複数のボールで荷重を受ける為、荷重が分散される。
② アウターメンバーとインナーメンバーの間にボールが挟まるような構造となっており、各メンバーとボールは、点で接触している為、摩擦抵抗が少ない。(転がり抵抗がかかる。)

と言う、構造的な特徴を有し、軽い力でもスムーズに操作をすることが可能となっております。

なお、この様な構造のスライドレールでも、レールのスムーズさや壊れにくさ(寿命)は、レール部材の加工精度や使用する材料等に大きく依存する場合があります。

 

スライドレールの使い方

一般的にスライドレールと呼称される機械部品のうちで、特にスチールボールのころがり接触により、もっとも軽く、しかも精密に直線往復運動を行う機構は用途が広いだけでなく、最良のメカニズムとして、欧米諸国ではかなり以前から製作され使用されておりました。

産業のハイテク化がますます進展し、スライドレールはコンピュータを始めとする端末機、通信機、計測器、複写機、自動販売機の精密機器から、ラテラルキャビネット、事務机、耐火金庫等のオフィス家具、また、木工家具、厨房器具、家庭用家具など幅広い分野に使用されつつあります。

 

スライドレールの使用例

イラスト制作_納品cs5イラスト制作_納品cs5イラスト制作_納品cs5イラスト制作_納品cs5イラスト制作_納品cs5

イラスト制作_納品cs5 イラスト制作_納品cs5 イラスト制作_納品cs5 イラスト制作_納品cs5